心にそよぐ風

日々の雑感。おしゃれで魅力的な人になれるよう心がけたい。

3年

 今月下旬でSRSを終え丸3年になる。あれから3年・・・。

 全身麻酔直前の心持ちを思い出す事が多い。目が覚めなければ終わっていたとか、ケイト・ブッシュの「ライオン・ハート」が脳内で流れていた事とか、おしゃべりしながら陽気に準備する、5、6人の、まだ十代半ばから後半の、看護士の少女たちとか。

 8日間ほど水が飲めず、退院したらおいしい水を生活に、水には贅沢するんだとか考えてたっけ。

 マリア・カラスと、ラジオ深夜便の対談をよく聞いていた。宮本亜門の話が印象に残った。タイで交通事故にあったという彼の話などを、タイの病院のベッドで聞いた。

 外気は30度後半だったが、さほど暑く感じなかった。

 

 この手術を境に、自分の心とこの体を大切にしようと、自然にそう思えるようになった、よく頑張ったねとか。

 それが嬉しい。

 とてもとても嬉しい。

 

 幸せな3年だった。

 これからもいっそう幸せになる。

休日

終日、デューク・エリントンのコットン・クラブでの演奏と、1956年のニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ録音を流した。古いジャズは聴きやすい。

 

文字を書き連ねたノートの画像を見るのが好きだ。

なんだか落ち着く。

 

羽釜とヒノキの釜蓋による直火炊飯に慣れた。

玄米+大麦を主食にするようになり、体調が改善され、生きていく心持も変化してきたように思う。

あらゆる場にバランス、調和があって、それを大切にしたいとか。

 

春が来て雨が降り、陽射しに目がくらむ。

乾燥した風のあと、冷気に囲まれる。

その静寂が底に落ちると、春の光が天からそそぐ。

 

明るい色の服、買いに行こうか。

3月

昨日は久しぶりにショッピングモールへ行き、春用の白いスカートを買った。

白地に薄いブルーの模様があって、その上からさらに、白い、目の細かいレースがかかっている。

今年は白のようで、多くの店で白が目を引いた。

ひとしきりお店を見て、アフタヌーン・ティーで休憩した。

ダージリンが美味しい。

あらかじめ人生に何度か用意されたていた、安らぎのひと時を受け取った。

 

3月。

光はいち早く次の季節の到来を告げる。

春の訪れの約束のように、秋の終わりのささやきのように。

 

終息と再生を繰り返しながら、新たな春を迎える。

感謝。

冬が底を打ち、春の光が届く。壁に浮かぶ樹木の影に、再生の力を見い出す。

先月中旬より、予想されていた忙しさに突入し、今週になりようやく休みがとれた。

間もなく三ヶ月になる、朝晩の、玄米+大麦+お味噌汁という食生活の成果で別人のように活動できた、同僚からも違う人のようだと言われた。

 

久しぶりの休暇は買い物にも行かず、テー・ルームにも寄らず、音楽をきいて過ごした。

 

三月中旬より、また半月ばかり忙しくなる。

一年の内で今の時期は好きだ。

間もなく始まる、まだ何も失っていないという気持ちでいられるから。

 

 

回転する惑星に暮らす

作業で終日、広い場所を動き回る日が三日続いた。

小麦粉断ちの効果だろうか、同僚からは別の人が入ってると言われる程、よく動き働いた。

作業のきつさよりも、体が動く状態が嬉しかった。

 

投資の本を読んだ。

ネットでは共感できる情報が得られそうになく、大型書店で書籍を選んだ。

煽ったり、せかしたりせずに、落ち着いた文章で要点をまとめているものを探した。

毎月一冊でもしっかり選び読んでいれば、半年後、今とは違っているはずだ。

不安の多くが経済的なものなのは十分理解していたが、何をどうしていけばいいのか見当が付かず、心身の不調に引きずられるように時をやり過ごしてきた。

 

他に、ベンジャミン・フランクリンの本を読み返した。

自由について考えた、自由とは何だろう、欲しいのは何の自由だろう、経済的自由。

 

この十年間、心はトランスで一杯だった。

容姿、着こなし、身のこなし、治療・・・。

 

ずっと怯えて生きてきた。

これからは幸福の後には幸福が、その後により大きな幸福が訪れると確信して暮らしていく。