心にそよぐ風

日々の雑感。おしゃれで魅力的な人になれるよう心がけたい。

日常と意識

自分の意識と、日常の行動との間には、いつもゆるい膜がかかっている。

この膜は大切で、なくすと、社会的存在とは言えなくなる。

規範を外れるのは簡単でほんの一歩で済む。

だけどその一歩は容易ではなく、その人を取り巻くささやかな世界を少なからず変えてしまう。

 

八年前「治療」を開始したときが最初の一歩だった。

その歩みの先に手術があり性別変更がある。

専門職だったことが状況を支えてくれたのだろう。

 

情緒のコントロールができなかった。

猛烈な喪失感に染められた。

けれど絶対に手放したくなかった。

私の涙。

私の屈辱を。

 

 

降りたホームから車内に置き忘れた鞄が走り去っていくのを見送る。

その駅は私の日常の世界、ガラス越しに遠のく鞄は私の意識。

本当の自分なんて存在しないと信じている。

それは関係性の中でしか存在しないもの、ドーナツの輪のように。

だけど手術を終えワンピースで風を感じる今は幸せだ。

日常を意識の性で生きられるのはこんなにも幸福なんだ。