心にそよぐ風

日々の雑感。おしゃれで魅力的な人になれるよう心がけたい。

性同一性障害

最初その概要を知ったとき、そんな馬鹿げた疾患があるわけないと思いながらも衝撃が走った。

心の奥の奥の方、そこにある本体が貫かれたようだった。

 

複数の当事者に会い話をきいた。

それぞれに表現の仕方があった。

 

診断確定はすぐだった。

その時自然に沸き起こったのは、歓喜の感情。

二度経験した手術の一度目は、部分麻酔の手術台の上で、間もなく終わると告げられた。

そのとき猛烈な笑いの感情が起こり、激痛の中必死に笑いをこらえた。

二度目のタイで、帰国して職場復帰した。

それからもう一年以上経つのに日に何度も自分の体に感激する。

この心は真実。