読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心にそよぐ風

日々の雑感。おしゃれで魅力的な人になれるよう心がけたい。

生きていくために感謝する

あれは7年ほど前だったか、いつもの10分前後の時間の間、主治医にこぼれるように語った事をついさっき思い出した。

 

憎しみでも悲しみでもなく、感謝することでしか私は救われません。

自分が授かったこの生を感謝しています。

 

さらに数年を遡った頃、ナチス強制収容所に入れられていたフランクルの著書、『夜と霧』を読んだ。

あるユダヤ人女性の言葉を、フランクルが文中引用した事を、少し思い出した。

 

主治医に語った後、4年後タイで手術を受けた。

タイにはネット環境やPCは持たず、ベッドの上で読んだ唯一の本は、持参したフランクルの著書、『それでも人生にイエスという』だった。

強制収容所にいたユダヤ人たちがつくり、合唱していた歌の歌詞を書名にしたものだと、読み進んで知った。

それでも人生にイエスという。

 

救済の扉はいつでも開く。

中和する光が天から射し、世界は白銀のように輝き、圧倒的な恵みに泣き崩れる。

同時にそれはたとえようもない悲しみと一つである。

 

ユダヤ人女性は確かフランクルにこう語った。

私は自分の運命に感謝していると。